算数教室と暮らし 平塚市の個別指導塾

算数教室の 先生(おじさん)の日常

水性ステインと 亜麻仁油を 組み合わせた塗り方

「アサヒペン 水性ステイン オイルステインの水性タイプ」と「TOPVALU アマニ油」を使って 赤松材に 色をつけます。

f:id:inthepig:20210923193212j:plain

木工 木材 オイルステイン アサヒペン 水性ステイン 塗り方 オイルフィニッシュ 亜麻仁油 アマニ油 diy 塗装

木工における「どうやって色をつけるのか問題」という沼(ヌマ)に かなりしっかりと おぼれています。

アサヒペンの水性ステイン(オイルステインの水性タイプ)と TOPVALUのアマニ油を組み合わせて 赤松材に色をつけるために 試行錯誤している過程です。

f:id:inthepig:20211014213259j:plain

ちょっとウダウダと書きますが、最終的には 上の写真のような色味と雰囲気に たどり着きます。

水性ステイン(アサヒペン)の色は ダークオークです。

塗装の下地を整えるために 鉋(かんな)がけの練習をしていて 刃物のこと 裏金の出し方のことを 書いています。

テーブル天板の 反り止め材 ⇒ テーブル天板の反りを止めたい diy 家具

アサヒペン 水性ステイン ライトオーク ダークオーク

巷(ちまた)には 数多くの オイルステイン系の塗料が 売られています。ワトコオイルやオスモカラーなどなど。

f:id:inthepig:20210819224025j:plain

アサヒペンの水性ステインの良いところ ⇒ それは 臭いが(オイニーが!)ほとんどしないところです。

ワトコオイルも オスモカラーも (僕の まったくの 個人的な感想ですが)とにかくニオイがきつくて 1日や2日 乾燥させたくらいでは アジト(おうち)に 持ち込めませんでした。

いっぽう アサヒペンの水性ステインは ほんっとうに 無臭です。ここが アサヒペンの水性ステインの 良いところです。

アサヒペン 水性ステインの良くないところ ⇒ これは好みの問題もありますが、つや消しに仕上がるところです。

ワトコオイルで仕上げたような つや消しなんだけど つややかな(矛盾した表現だが)表情には なりません。

そこで、アサヒペンの水性ステインで仕上げたうえで 亜麻仁油を塗りこむ作戦を 展開します。

塗装下地を作るために 鉋(かんな)を練習する

なぜカンナなのか。

f:id:inthepig:20210923193156j:plain

買ってきたまんまの材料は 表面に凹凸があります。

木材表面の 凹凸(おうとつ)と 傷(キズ)の形状から おそらくですが 自動かんな(プレーナー)を通したときの刃物キズ。

また、プレーナーを通すときに逆目になってしまった面は 木目が毛羽立っています。

これらの凸凹を きれいに 平らにすべく 鉋をかけます。

でっ!

なぜ鉋(かんな)なのか。なぜサンダーでは ないのか。

ランダムサンダーという 円盤状のディスクが回転するサンダーで ずーっと下地処理をしていたんですが、とにかく時間が かかるんです。

プレーナーを通したときの刃物キズ(ナイフマーク)が、なかなか消せません。

というわけで、鉋を練習することにしました。

鉋(かんな)を使いこなすことは、とっても難しいです。買ってきたまんま 吊るしの状態では、使うことができない道具です。

上手く削れないことが 頻度高く あります。理想からは ものすごーく遠いです。

ステインと かんな仕上げ

ところで

結局のところ 水性でも油性でも ステインで塗装するために、かんな仕上げで きれいに削った面に もう1度 紙やすりを かけることになります。

それでも ひとまず 鉋で上手に削れるようになることを目指します。

f:id:inthepig:20210923193208j:plain

水性ステインの話から ものすごく 大きく脱線します。

上手に鉋をかけるためには、かんなの刃が、良く切れる必要があります。そして、良く切れる刃を得るためには 刃を研ぐ必要があります。

刃を研ぐためには 砥石が必要です。

んで、アジト(おうち)の物置に眠っていた 先祖代々使われている?砥石を ゴソゴソと 引っぱり出しまして。

砥石を直すところから スタートします。

これ。とても大事な作業だったようで、砥石の平面が出ていないと 鉋の刃は 上手に研ぐことができませんでした。

砥石を直すために アジト(おうち)の庭に転がっていた コンクリートブロックを使います。

水をつけながら 砥石をコンクリートブロックにこすりつけて ゴシゴシして 平面になるまで削ります。

f:id:inthepig:20210923193210j:plain

砥石の平面がでたところで、ようやく 鉋の刃を 満足に 研ぐことができます。

鉋身 鉋刃と 裏金の位置

2枚刃の鉋の場合、「裏金」という 鉋刃を抑える金物を 鉋刃と合わせて差しこむような構造になっています。

f:id:inthepig:20210923193219j:plain

この裏金を どの位置まで出すのかが とても大切だということに 最近 気がつきました。

鉋刃を どれくらい出している状態なのかにも よりますが、裏金の先端と鉋刃の距離が 近すぎても遠すぎても 上手く削れません。

もちろん 下端(したば)の状態にも 大きく左右されるのだと思いますが、鉋身の出具合とあわせて 裏金の位置をしっかりと調整することが とても重要でした。

きちんと測ったわけではありませんが、0.2mm~0.5mmくらいの距離に調整したときが 最も上手く削れるような気がします。

もっと練習します。

水性ステイン用の下地を仕上げる 赤松材

アサヒペン 水性ステイン用に 下地を仕上げます。

f:id:inthepig:20210923193214j:plain

鉋で ナイフマークや 逆目の毛羽立ちなどを 削った後で、あえて サンドペーパーで表面を荒らすような作業をします。

(せっかくキレイに仕上げたのに モッタイナイ!)

サンドペーパーの番手は 180番を使いました。サンドペーパー ⇒ 水ぶき ⇒ サンドペーパー ⇒ 水ぶき ⇒ サンドペーパー を繰り返して、表面を整えます。

f:id:inthepig:20210923193217j:plain

上の絵は アサヒペン 水性ステイン ライトオーク色を 塗っています。

水性ステイン ⇒ 400番のサンドペーパー ⇒ 水性ステイン というように、かるーくですが 塗装と塗装の間にも サンドペーパーをかけています。

水性ステインに 亜麻仁油 アマニ油を塗りこむ

ワトコオイルの主成分は 亜麻仁油?

オスモカラーの主成分は ひまわり油?

本当か嘘か 分かりませんが、ググるとそんな記事にも たどり着きます。

f:id:inthepig:20210923193205j:plain

近所のスーパーで 一番安価な アマニ油を買ってきて 水性ステインの上に 塗りこみます。

アマニ油 ⇒ 400番のサンドペーパー ⇒ アマニ油を塗りつつ 400番のサンドペーパーで研磨しつつ ふき取ります。ウエット研磨?と呼ばれる?方法です。

f:id:inthepig:20210923193203j:plain

しっとりとしたツヤが 出て なかなかイイ感じです。

f:id:inthepig:20210923193200j:plain

同様の手順で、ダークオーク色も 試してみました。上の絵の下側がライトオーク色、上側がダークオーク色です。

TOPVALUのアマニ油は たぶん 無臭です。よーくニオッてみると わずかに香りがあるような気もしますが、ほぼ無臭です。

塗ったあとの ベタツキは 本当に少しだけ 2-3日だけ 残りますが、それ以降はサラッと乾燥します。

f:id:inthepig:20210923193158j:plain

アサヒペン 水性ステイン ダークオーク色 ⇒ アマニ油の組み合わせです。上側の埋め木が細工してある方は、アマニ油を塗りこむ前です。

アマニ油を塗りこむことで 色味が濃くなる方向に 変化します。

また、写真だと ツヤの違いが 分かりにくいですが、実物は かなり 違って見えます。

f:id:inthepig:20210923193212j:plain

うーむ。

木材の塗装は 奥が深いです。

いろいろと 調べている途中で、ヒマワリ油やアマニ油にドブ漬けする方法を紹介している 木工食器を作っている職人さんのwebに漂着しました。

そのwebを見て

ワトコオイルやオスモカラーなど 有名どころのオイルは いろいろとありますが 食用の油を買ってきて 試してみようと 思ったのでした。

f:id:inthepig:20210826235535j:plain

水性ステインと亜麻仁油で天板を仕上げています ⇒ もみの木で サイドテーブルを作りました

f:id:inthepig:20211014213315j:plain

丸い?スツールを作るときのウダウダ ⇒ スツール丸椅子を作るときの基準面